海外生活の現実 良い?悪い?
たくさんの日本人が憧れ、夢を抱く海外生活、果たしてその現実は?イギリス語学留学、アメリカ大学院留学、日本とカナダ両方の企業でエンジニアとして就職、仕事を経験した著者が語る、海外生活の現実とは・・・
    徹底的にレッスンの質と講師にこだわった【ジオスオンライン】   英会話のジオスが運営する、本格オンライン英会話【ジオスオンライン】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現地企業就職、自営業者の場合
海外の現地企業に勤める日本人、海外でビジネスを立ち上げる日本人も増えています。現地企業に勤める、つまり現地企業でオファーをもらって自分の道のプロとしての仕事をしている人や、自分の能力、経験を利用してビジネスを立ち上げ、あるいは投資家としてお金を儲けて生活している人は、比較的現地の人に溶け込んで、その国の現地人と同じような生活を体験している人が多いです。やはりその国で仕事を出来る、お金儲けをできる、ということは、その国で現地人の平均以上に能力や経験を認められている、ということになるからです。でないとビザや永住権は発行されません。

彼らのほとんどは現地に日本人の友達がいても、別に日本人の友達を絶対必要とは感じていません。それは現地にもたくさん友達がいるからです。しかし、ときには日本語を話せる友達がほしくなるのが現実です。また一時帰国をすごく楽しみにします。日本よりも海外に住みたいから住んでいるのにもかかわらず、なぜか日本に一時帰国して日本にいる家族たちと時間を過ごすのが、とても楽しいものです。そのような経験をすると、実は日本の生活のほうが良いのではないか、と考えたりもします。私は今このステージにいると思います。さらにその時期を過ぎると、海外と日本、両方の良いところ、悪いところを冷静に見られるようになり、その違いを事実として受け止め、その上で自分は海外に住んでいるんだという確信を持つようになります。

よって、一概に日本人が海外で生活したといっても、その人が海外でどのような経験をし、どのような生活をどのくらいしたかによって、どのくらい現地の人たちに溶け込んで本当の意味での海外生活をしたかどうか、は全く変わってきます。海外で毎日日本人とだけ過ごしていて、それが本当に海外生活と言えるのか、というような人もいるのも事実なのです。

読み終わったらクリックお願いします→
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright (C) 2015 海外生活の現実 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。