海外生活の現実 良い?悪い?
たくさんの日本人が憧れ、夢を抱く海外生活、果たしてその現実は?イギリス語学留学、アメリカ大学院留学、日本とカナダ両方の企業でエンジニアとして就職、仕事を経験した著者が語る、海外生活の現実とは・・・
    徹底的にレッスンの質と講師にこだわった【ジオスオンライン】   英会話のジオスが運営する、本格オンライン英会話【ジオスオンライン】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外生活に溶け込むということ
海外生活にスムーズに溶け込んで、楽しく生活を送れる日本人もいれば、海外は嫌いだ、日本の生活のほうが良いに決まっている、と海外に見向きもしない日本人もいます。その違いはその人の性格で、どちらが良い悪いというものではありません。ではどのような人は海外生活に溶け込め安く、また溶け込みにくいのでしょうか?

海外で違うものを見たり食べたりするたびに、その国と日本を比較して物事を考えてしまうと、疲れるだけです。広い心を持って、その異なる生活を楽しみましょう。日本人であることに誇りを持ちすぎない一方で、日本らしさを大切にしながら、その国の生活に上手く順応していくこと、そして、その生活形式の良いところ悪いところを理解し、敬い、その違いを楽しむことが大事です。とはいっても性格の違いが理由で、無理に溶け込もう、溶け込むのはやめよう、という行動は自然に出るものだと思います。

海外生活に溶け込む人と溶け込まない人の違いはこのような性格違いで、どちらも良い悪いといものではないですが、海外で生活するためには、海外生活に溶け込むことがある程度必要となってきます。実際、海外生活に溶け込まずに、家族の範囲内だけで全く日本と同じような生活をしている日本人もいます。しかし、そのように海外で日本の生活を10年、20年と送ることは難しいのも事実です。例えば、現地で一緒に生活を楽しめる現地の友達を持たずに、長年生活するのは苦しいです。海外生活を目指す方は、出来るだけ海外生活に溶け込むよう心がけましょう。キーポイントは、楽しむこと、です。

また、自分が海外に溶け込めるからといって、海外に長期で住める、または海外に住むほうが良い、というわけでもありません。海外生活に溶け込めるというだけでは海外生活はできません。例えば、もちろん収入がないと海外で生きていけないわけですし、食事をとったり、旅行に出かけたりと、普段の生活を送るためには、その生活に溶け込むということ以外にも、様々な条件が必要となってくるのです。

読み終わったらクリックお願いします→
コメント
この記事へのコメント
なわたろうです。

海外に関するブログを始めました。
まだ内容は薄いですが、相互リンクして頂けないでしょうか?

・海外生活を夢見て!
http://abfrom30.seesaa.net/

よろしくお願い致します。
2007/04/06(金) 00:16:58 | URL | なわたろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright (C) 2015 海外生活の現実 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。