海外生活の現実 良い?悪い?
たくさんの日本人が憧れ、夢を抱く海外生活、果たしてその現実は?イギリス語学留学、アメリカ大学院留学、日本とカナダ両方の企業でエンジニアとして就職、仕事を経験した著者が語る、海外生活の現実とは・・・
    徹底的にレッスンの質と講師にこだわった【ジオスオンライン】   英会話のジオスが運営する、本格オンライン英会話【ジオスオンライン】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外の人は日本人をどう見ている?
2004年春、ワシントンDCで開催されるCherry Blossoms Festivalに参加しました。その時の在米日本人による着物ショーは、見ていられないものがありました。派手な蛍光色の水色の着物をきて、いかにも素人といった踊りを披露していたが、音楽についても少し中国文化が混ざったような本物の日本のものではなく、見物人の多くも全く興味を持たず、その場を去ってしまっていたのです。もちろんそれ以外では、太鼓ショーなど、とてもパフォーマンスが優れていて、見ている者に感動を与えるようなものもありました。しかし、その着物ショーだけはひどかったのです。本当の日本文化を海外の人に伝えていくには、こういう機会は大きなチャンスだと思うのに、とても悲しかったです。さらに、このような機会しか本当の日本を海外の人に伝えるチャンスはないとも思います。

ところで、私はよく、アメリカ人は日本人のことをどう思っているのか、と考えたり、またはそういう会話をアメリカやカナダの友達としたりします。外人は日本人をばかにしている、日本人を理解してくれていない、もしくは日本人のことを間違って考えている、と考える日本人は多いかもしれません。実際はどうなのでしょうか?確かに、海外の人が、日本の国について、正しくは理解していない、それは事実です。しかし、あまり日本人だからどうだ、などとは考えていません。私はカナダのある人と国籍を一度も聞かれることなく数週間仕事を一緒にして、数週間経ったときに、あなたどこから来たの?とお互い聞いたことがあります。それくらい国籍なんて気にしていないのです。

なぜかというと、日本人も地球人の1人であり、それぞれに個性があり性格も違うのは当たり前だ、と考えている人が多いからです。ところが逆に日本では、アメリカ人ってこういう考えをする、もしくは、カナダ人の性格はどうで、彼らに何をするとどうなる、などと話す人がいます。それは大きな恥ずべき間違いです。もしその言い方をするのであれば、アメリカ人やカナダ人は全員すべて同じ考え方、さらには、日本人も全員同じ考え方をする、ということが仮定になっているからです。特に、日本よりも個性を良いことだと考える国は世界では多く、多くの人間をひとまとめにして、アメリカ人は、もしくはカナダ人は、などということは、失礼にあたります。

また、日本人以外の人間をすべてまとめて、外国はどうだ、海外はどうだ、外国人はどうだ、海外の人はどうだ、などと話す人もいますが、海外の人とはいっても、アメリカ人、ヨーロッパ人、アフリカ人、中東人、アジア人、全ての人は違いますし、また、生まれた国と国籍が異なる人もたくさんいます。日本は世界180カ国以上ある国の中のたったの1つなのです。日本、対、日本以外すべての国、を1対1で話すのは全くの誤りで、もしそれを海外の方に言ったとしたら、非常に失礼だし恥だと思います。日本が中心に世界が動いているのではなく、日本はあくまで180分の1であることを理解しましょう。

よって、海外の人が日本人をどう思っているか、の質問に戻ると、その答えは、日本人だからどうだとは考えていない、なのです。日本人は180カ国ある国のうちのたったの1つの国、日本という国の国籍を持っている人、それだけなのです。もちろん日本について知っている人もいますし、日本について思っていることをたくさん述べる人はいます。でも日本人はどうだ、日本人だからこうだ、などという言い方はしません。だから外国人が日本人をどう思っているかを考えるのは無駄なのです。

海外から日本に移住して数年経過し、本当の日本社会が見えてきたころに、疲れて自国に帰っていってしまう外国人が多いです。それは、日本人が外国人を1人の個人、人間と受け止めず、あまりにもその外国人はどこの国から来たかを考え、その国のイメージをその個人に当てはめてその人を見るからです。例えば、外国人があなたの家の近くに引っ越してくると、まずその個人がどんな人かを知るまえに、どこの人か、知りたくなりますよね?どうしてですか?これは日本人特有のことです。まずその外国人に対し、他の日本人個人と同じように接し、思いやり、敬い、そしてその人はどのような人かを理解する。その人がどのような人間なのかが重要で、どの国から来たかなんて、どうでもいいのです。ちなみに私は今の家に引っ越してから、近所の人達とよく会話をしました。しかし、最初の半年間、彼らは私の国籍を聞いてきませんでした。私をアメリカ人、もしくはカナダ人だと思っていた人もいるくらいでした。私の国籍よりも、私の仕事内容や週末の趣味など、私個人に興味を向けてくれました。日本人に外国人に対する偏見がある限り、日本社会と外国との間にある大きな壁をずっと取り除けないでしょう。

読み終わったらクリックお願いします→
コメント
この記事へのコメント
日本人と日本
始めまして、現在ネバダ州のRenoという町で生活をしています。海外に来てみて初めて見えてくる、日本の良いところ&悪いところ、アメリカの良いところ&悪いところなど、本当に同じような事を感じながら生活をしています。

ただ、海外の人が日本人をどう見ているのかというのは、確かに、なんとも思っていないように感じますが、日本という国に対しては、なんらかのイメージを持っているように感じます。また外人が多く住む都市(LAやNY)と、内陸の外人があまり多く住まない都市(町)によっても、違ってくるような気がしています。
ただアメリカはある意味、懐が深い国なのかなぁと思うこともあります。

カナダでのお仕事、頑張ってください。v-14
2007/02/10(土) 10:49:01 | URL | saco #TVW33vhA[ 編集]
なるほどー
なるほど、確かに日本という国は技術が進んでいるとか、そういう話をする人はいますよね。日本人について何も思っていない、というのは、日本人だからどうだ、というように、日本人をひとまとめにしてこうだ、という考え方はしない、という意味で書いたのです。

アメリカもカナダも移民の多い国なので、多少アメリカで人種差別が騒がれてはいますが、基本的には懐の深い国ですよね。

sacoさんこそ、アメリカで頑張ってくださいね。
2007/02/10(土) 11:28:09 | URL | Mapleくん #tHX44QXM[ 編集]
はじめまして。 
私は、今高校生で将来海外で生活してみたいと考えています。
英語はまだまだ未熟者でこれからもっとがんばっていきたいとおもっています。

「日本人は、外人に対し、まず国籍を尋ねることが多い。」、あらたまって
2007/03/02(金) 23:53:44 | URL | haduki #-[ 編集]
ごめんなさい。間違えて途中で送信してしまいました。

さっきの続きなのですが、
やはり、あらたまって考えてみると、自分も相手が外国の方となると、国籍を最初に聞いてることがほとんどでした。
そうですよね、国籍なんて関係ないですよね。私も相手がどこの国の人かなんて関係なく、相手とちゃんと向き合って付き合える人のになりたいです。

英語を勉強する上での心がけなど大変ためになりました。
ありがとうございました!!
2007/03/03(土) 00:16:38 | URL | haduki #-[ 編集]
今の日本教育を受けた人は・・・
今の日本教育を受けて育った日本人はどうしても普通ではない、自分たちとは違う人を、違う人間として考えてしまうのは実はある程度仕方がないのかもしれませんね。小学生のころ、まわりにもしカナダ人が一人いたら、かなり注目されて、違う人間と思われますよね?カナダではそのような見方は全くされません。
よって日本の教育自体の問題でもあると思います。しかしそれは良いことではなく、海外へ飛び立とうと考える方は、そのような概念を出来るだけ持たないようにしましょう。
2007/03/09(金) 04:44:04 | URL | Mapleくん #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright (C) 2015 海外生活の現実 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。